郵便局 お金の借り方

郵便局(ゆうちょ銀行)からのお金の借り方

日本全国に存在する身近な銀行、といえば、郵便局の「ゆうちょ銀行」ではないでしょうか。

 

多くの方が小さなことからゆうちょ銀行の預貯金を利用していることでしょう。親や、あるいは祖父母が自分のために小さなことから貯めていてくれた預金や、もしくは社会人になるにあたり、全国どこに転勤になったとしても身近にある、と考えて作った定額預金、定期貯金。そしてこれらを担保とした貸付がゆうちょ銀行にあります。

 

例えば、少額だけお金を借りる場合であれば、定期預金を崩す必要や、アコムプロミスなどの消費者金融や、レイクなどの銀行カードローンに申込みをする必要もなく、ゆうちょ銀行で貯めてきた預金口座が役立ちます。

 

本来ならば通常貯金の残高以上の残金の払戻を行ったとすれば、不足分がありますから、引き出しができません。しかし、「貯金担保自動貸付」を利用することで、不足分が自動的に貸付されるのです。

 

貯金担保自動貸付は、預入金額の90%以内が貸付金額の限度となっています。

 

返済についてですが、通常預金に預け入れを行うだけで、面倒な手間や手続きが一切いらないことが大きなメリットであると言えます。

 

一般的にお金を貸してくれる金融業者、消費者金融や銀行カードローンからの借り方と、ゆうちょ銀行で借りることの大きな差は、ゆうちょ銀行では「自分が預けている金額が担保になる」という点です。

 

これは、消費者金融や銀行カードローンとは異なり、万が一、返済が困難な状況になったとしても、取り立て・督促があるわけではありません。あくまでも自分の定期預金が担保になるのです。

 

郵便局からお金を借りるための条件は、「ゆうちょ銀行の総合口座を持っていること」と「その総合口座で管理している定額預金・財形定額・財形年金定額を利用していること」の2点だけです。

 

急にお金が必要になった場合であっても、慌てて定額や定期の預金を解約することなく、資金をATMで用意することが可能なのです。

 

また、ゆうちょ銀行では個人向けに無担保で貸付を行っている「したく」というローンも存在します。

 

審査基準についてですが、銀行ですので所費社金融と比較してしまうと厳しいものがありますが、利用するメリットとして、金利が安くなるというものがあります。したくは、多重債務に苦しむ方にとってはうれしい総量規制対象外に分類され、審査はたの銀行系カードローンよりも甘い傾向にあります。

 

審査結果自体はおよそ30分で出るのですが、その後実際に手元にカードが郵送されてから必要書類を返送して、という段取りが発生しますので、実際に融資を受けることができるようになるまでには1週間ほどかかります。

 

一般的に銀行系カードローンで融資を受けることができるようになるまでの期間は、多くが約1週間、長いものでは数ヶ月ほどかかりますので、それほど遅いものではありません。しかし、近年のスピード審査・即日融資可能な消費者金融に比べると時間がかかりますので、急ぎの用がある方には不向きであると言えます。

 

 

関連ページ