お金の借り方

お金の借り方ポイント@ ⇒ どこからお金を借りるか決める

即日でお金を借りるには

 

お金の借り方を知る前に、まずは、どこからお金を借りるのかを決めなければなりません。融資という言葉で真っ先に思い浮かぶのは、銀行、消費者金融、クレジットカードなどが手っ取り早く資金を調達できるところであると容易に想像がつくかも知れませんが、国や地方自治体、労金などからも融資を受けられますので、借り入れ先の候補に挙がります。但し、これらは使うお金の目的にもよって借入できたりできなかったりしますので、それらを踏まえた上で自分に適した借り入れ先を決める必要があります。

 

例えば、お金の借り方を考えるときに、生活費が足りないときのちょっとした足しにする場合や旅行の費用でお金を借りたいなら誰でも手軽に借りられる銀行カードローンや消費者金融のキャッシング、住宅の購入には変動金利や固定金利が選べる銀行の住宅ローン、車の購入にはカーローンなどで借り入れの計画を建てるのがオススメです。

 

 

お金の借り方ポイントA ⇒ キャッシングご利用総合人気ランキングを参考に!

 

ネット審査で当日お金を借りるなら、こちらにある人気ランキングのキャッシングがオススメです。お金の借り方も分かり易いのでキャッシングがはじめての方にも、また、他社に数件借入がある方にもオススメです。

人気 キャッシング・ローン 限度額 金利(実質年率) 来店 保証人 詳細
アコム 1万円〜800万円 3.0%〜18.0% 不要 不要 詳細はこちら
モビット 1万円〜800万円 3.0%〜18.0% 不要 不要 詳細はこちら
プロミス 500万円まで 4.5%〜17.8% 不要 不要 詳細はこちら

 

 

お金の借り方ポイントB ⇒ 何を重視してお金を借りるか決める

 

次に、お金を借りるときに何を重視するのか決めておきます。例えば、「金利が低いことを重視する」とか「即日融資を希望する」とか「有名大手が安心」とか物理的でも精神的でも何でも良いです。重視したい項目が複数ある場合には、あらかじめ優先順位をつけておくと、次の借り入れ先選定をスムーズにすすめることができます。それから、お金の借り方が簡単で使いやすさも選ぶポイントです。ちょっと特殊な例としては、学生なら学生専用キャッシングと呼ばれるもの、あるいは学生可と書いているキャッシングを、専業主婦なら専業主婦も可能なカードローンを選択して申込する必要があります。これを無視して有名処に融資の申し込みをすると審査に落ちるのが目に見えてますからね。パート・アルバイトで収入を得ている方もこれらと同様ですから注意してくださいね。

 

金利を重視したお金の借り方

金利をできるだけ低く抑えて毎月の返済の負担を減らしたいなら金利を重視してください。金利が低くなればなるほど、借金の返済が楽になり、そして、借金の返済を早期に終わらせることができます。金利は借り入れする額によって変わってきますので、単純に比較することはできませんが、各社で用意している借り入れシミュレーションなどを活用して、どれが負担が少ないか、毎月の返済に無理がないかなど調べておくとよいでしょう。

 

金利を重視した具体的なお金の借り方としては、低金利と分類されるカードローンを選ぶと良いでしょう。銀行カードローンならSBIネット銀行のネットローン、消費者金融ならプロミスなどがオススメです。

 

即日の借り入れを重視したお金の借り方

何が何でも今すぐにお金が必要という場合には即日融資が可能か否かを重視してください。ネットからの審査の申し込みは、24時間365日いつでも可能ですが、即日融資に限っては、手続き完了日時次第では即日で融資ができない場合や、当日の振込みが出来ない場合も出てきます。詳しいお金の借り方は各社の公式ホームページで確認するようにしてください。概ね、平日の午前中にネット審査の申し込みを行い契約手続きを完了すれば、即日融資が可能となっている条件のところが多いようですから、ネット審査の申し込み手続きの時間帯には気をつけるようにしてください。

 

また、銀行などから借り入れを希望する場合は、数日程度の時間が必要となるところがほとんどですから、お急ぎの場合のお金の借り方には注意が必要です。確実に即日融資を希望するなら消費者金融を利用すると良いでしょう。消費者金融の金利が気になる方は、消費者金融から即日融資をしてもらって急場を凌ぎ、後日、銀行などで借り替えをすると良いでしょう。

 

銀行カードローンならレイク、消費者金融ならアコムなどが即日融資として利用するにオススメです。

 

高額の借り入れを重視したお金の借り方

いくらの資金が必要なのかもお金の借り方で重視するポイントのひとつです。つい最近、総量規制で年収の3分の1までしか借り入れできなくなってしまいましたので、追加融資や新規借り入れで頭を悩まされている方も多いはずです。貸してくれる限度の額が突然変わって焦った方も少なくないはずです。

 

借り入れ希望の総額が総量規制を超えてしまう場合や、そもそも総量規制を気にしたくないという方は、総量規制の対象外である銀行カードローンを選択すると良いでしょう。銀行カードローンを利用すれば、余計な悩みを抱える必要もなく、金利も低いので一石二鳥のメリットではないでしょうか。

 

現在は消費者金融で借り入れされている方でも、銀行カードローンに借り換えをしたりすると総量規制に引っ掛からずに、金利も下げられたりとメリットがありますのでこれを機に検討してみると良いかもしれませんね。

 

銀行カードローンなら楽天銀行スーパーローン、どうしても消費者金融を選択せざるを得ないのならばモビットなどがオススメです。

 

無利息期間を重視したお金の借り方

短期で借金を全額返済できるという方は無利息期間があるキャッシングを重視したお金の借り方を実践してみてください。短期無利息の期間には、最小で7日、最大で180日の無利息期間が設定されているものがあります。無利息期間のサービスは金利が付かないということですから、その期間内に返済すれば元金のみを返済すればよいので金利などの余計な出費を抑えられます。

 

短期無利息のキャッシングを希望するなら、銀行カードローンならレイク、消費者金融はプロミスがオススメです。特に、レイクは無利息キャッシングとしてはパイオニアで、今の無利息キャッシングをこの世に広めたのはレイクと言っても過言ではないくらいです。

 

安心感を求めたお金の借り方

どうしてもお金を借りるのに抵抗があるという方は有名大手のネームバリューに力を借りてみてはどうでしょうか。有名大手のブランド力には安心感が生まれます。問い合わせ時の対応なども丁寧ですから、借り入れや返済などのいろいろな相談にも乗ってくれます。借り方が分からないときにもコールセンターで親身に対応してくれるはずです。直接、事務所のある店舗に出向いてローンの相談してみるのも良いと思います。

 

銀行カードローンなら店舗数も多いレイク、消費者金融なら誰もが知っているであろうアコムなどが有名大手としての安心がありますのでオススメです。

 

借金の返済を楽にすることを重視したお金の借り方

気が付いたらいつの間にか借金が膨らんでいたり、借金を返すための借金を繰り返してローンの借り入れ件数が多くなってしまったりして、毎月の借金返済に困っているのなら、借金をまとめたり、借金の借り換えを検討してみたりすることをおすすめします。ローンをまとめると毎月の返済額が軽減されることが期待できますので、生活も少しは楽になるはずですし、キャッシングの残高を気にしながらの自転車操業ともおさらばすることができます。

 

ローンをまとめるなら東京スター銀行のおまとめローンが有名で、ここ10年くらいで一気に知名度を上げてきました。当サイトでもイチオシのひとつです。たくさんある借金をいち早く完済したいのであれば、是非、検討してみてください。その他には、楽天銀行のカードローンでも借り換えができますので、万が一東京スター銀行のおまとめローンの審査に落ちたら次の選択肢として使ってみるのも良いですね。

 

審査可決を重視したお金の借り方

審査に不安があって、どうしても審査に通りたいのなら、審査を可決をしてくれる金融会社を重視するようにしたお金の借り方を選択してください。「審査が甘い」とか「審査が緩い」とか、大袈裟なことを言うことはできませんが、審査内容と項目、或いは審査基準は各金融会社に異なっていますから、人によっては、こっちが審査が甘かったとか、あっちが審査緩かったとか感じることはあるかも知れません。そうやって、先人が切り開いてきたノウハウというものはやっぱりありますので、それを活用しない手はありませんよね。

 

一般的に言われている審査の厳しさは「銀行>消費者金融」です。消費者金融より銀行の方が審査が厳しいと受け止めるか、または、銀行よりも消費者金融の方が審査が甘いと捉えるかは自由ですが、実際にこのような関係になっていることは間違いないことだと思います。お金の借り方で審査の可決を重視するなら消費者金融、そして、もっと審査に通る可能性を高くしたいのならば、消費者金融の中でも審査が甘いキャッシングを選択するしかありません。では、具体的にどこが審査が甘いかという問題になるかと思うのですが、それは、テレビCMをバンバン流している有名大手の消費者金融よりも、中小消費者金融の方が独自の審査基準を採用している点で、他よりも割りと審査に通りやすい傾向があります。ですが、ここだけの話、現時点で一番オススメなのは地方銀行のカードローンです。消費者金融の審査に落ちた人が地方銀行のカードローンでバンバン借りられていると報告が多数あがって来ています。

 

お金の借り方ポイントC ⇒ 具体的な借り入れ先を決める

 

次に、借り入れる金融会社を具体的に決めます。お金の借り方で重視するべきポイントがまとまっていると思いますので、それを考慮した金融業者を選んでみてください。

 

ここでは、1つの金融会社に絞り込まずに、最低でも2つから3つの金融会社を借り入れ先の候補として挙げておくことをオススメします。万が一、第一希望の金融会社の審査に否決してしまった場合の備えとして、2つ目、3つ目の候補を予めピックアップしておくだけのことです。

 

お金の借り方借り入れ先をどうしても迷ってしまって、なかなか決めることができない場合には、人気ランキングを参考にして選んでみるのも良いと思います。人気ランキングは、他のみなさんが利用してきた実績のある金融会社なので間違いなくオススメできる借り入れ先となっています。

 

お金の借り方ポイントD ⇒ ネットからの申し込み手順

 

お金の借り方の詳細な手順は各社で異なりますが、だいたい下記の手順で行われます。お金の借り方も、パソコン、スマートフォン、ケータイ、実店舗、無人契約機、提携ATM、コンビニATMなどのいろいろな場所やいろいろな方法が用意されています。当サイトでお金の借り方を紹介するのは、ネットから審査申し込み、本契約、そして融資の借入ができるまでの手順です。スマートフォンがあると本人確認や収入証明書などの提出で楽になります。また、この手順は主に個人向けの融資やローンの手順であって、経営者向けの事業融資やビジネスローンなどの手順ではありません。

 

申し込み

(ネットから24時間365日いつでも可能)

審査

(営業時間内であれば最短で30分程度の時間がかかる)

契約

(WEBで契約できるところと別途郵送で契約を交わす必要があるところがある)

融資

(カードが手元に届くまで会員ページなどで口座振込を行う)

 

どの金融会社もお金の借り方は大きく分けてだいたいこの4ステップの手順で行われています。キャッシング各社の詳細なご利用手順につきましては「各社のお金の借り方」にメニューを用意しておりますので、そちらからご確認してください。

お金の借り方まとめ

お金の借り方は、金融機関や貸金業者によってそれぞれ違いますので、目的に従ってどのように借りるのかをしっかりと考えなくてはいけません。

 

一般的に、お金を借りるとは言っても少額でも良いからすぐに現金を借りたい人と、審査が多少難しくて時間がかかっても良いので大きな現金を借りたい人とに分かれます。前者の場合には比較的簡単にお金を借りることが可能な貸金業者を選択すればよいですし、後者ならば手続きが多少難しくても大きなお金を借りることが可能な銀行を選択すればよいでしょう。それから、金額の大小に関わらず銀行の口座はインターネットバンキングに対応している口座があるとあらゆる状況に対応できてとても便利です。

 

では、具体的に両者ではどのような手続きを進めていくことになるのでしょうか。

 

まず、貸金業者である消費者金融の場合には、そもそも有人の店舗というものが設置されていることがほとんどないので無人の店舗を利用したりインターネットを利用した方法で申請を行っていかなくてはいけません。無人の店舗とインターネットを利用した方式で手続きの方法や審査の内容が変化することはまずないので、一通りの流れを知っておけばどの会社であっても融資の申請をすることが可能です。まず、必要事項を書き込むことが可能な申し込みフォームが必ず設置されていますので、それを利用して本人の必要な情報を正確に打ち込んでいき、その情報を相手に送信します。無事に送信が終わると折り返し相手から連絡が来ますので後はその指示にしたがって審査を受ければ即日ですべての手続を終わらせることができるでしょう。借り方としては最も簡単な方法で、特に銀行のような複雑な手続きは一切必要ないと言っても過言ではありません。

 

一方で、銀行の借り方は有人の支店に出向いて手続きを行うことが一般的です。三菱東京UFJ銀行カードローンや三井住友銀行カードローン、そして、みずほ銀行カードローンなどはネットで申込の募集もしています。消費者金融の融資の上限額は、融資の申請を行った人物の年収に依存しますので、絶対にその範囲を超えて融資をすることは出来ません。具体的には年収の三分の一という範囲が法律によって明記されていますので、どれだけ消費者金融で現金を借りたいと考えていたとしてもこの法律を破ることは不可能です。しかし、銀行の方ではこのような融資の限界というものが存在しないので、収入うんぬんというよりは全ては銀行側の裁量次第となります。銀行は、法律による融資の安全性を担保するための規定が存在しないので、消費者金融とは違って厳格な審査を行わなくてはいけないという縛りが存在します。ですから、実際にお金を借りるときには審査の段階で本当に返済能力があるのかどうかを何段階かに分けて正確に行っていきますので、そのための必要な書類を準備しておく必要があるのです。

 

銀行での審査は、勤続年数や年収、将来的な返済シミュレーションなどを複合的に考えて行われます。仮に、住宅ローンなどを借りる時にはこれらに加えて金利の状態も確認しなくてはいけませんので、金利を含めた借り方も銀行に相談しなくてはいけません。貸金業者とは手続きの段階から全く異なったアプローチを行いますので、手続きをする時にはしっかりと考えてから実践しましょう。