学生 お金の借り方

学生のお金の借り方

学生がお金を借りようとする場合、銀行などの金融機関では、申し込みのための条件が厳しいうえに、親の同意を得る必要がありますし、収入がなかったり低ければ、審査に通らないことが多くなります。

 

そのため、学生のお金の借り方として候補に挙がるのは、消費者金融から借りるか、親から借りるかのどちらかの選択になることが多いはずです。

 

消費者金融の利用条件は、一般的には20歳以上の安定した収入がある方となっています。職業に関する規定はないため、学生であってもアルバイト等で収入を定期的に得ている場合には、消費者金融を利用することが可能です。ただし、未成年の場合には、20歳以上の条件に当てはまらないため、消費者金融は利用できません。この場合には、親に借金を申し込むことになります。

 

学生でもお申し込み可能な消費者金融はこちら!
プロミスのお金の借り方

 

20歳以上であれば、消費者金融を利用することが可能となりますが、安定した収入がある方という条件をクリアするために、アルバイトをしていることが前提となります。これは、消費者金融側からみれば、きちんと返済する能力があることが、融資をするに際しての大前提となるからです。

 

但し、消費者金融に借金を申し込んだ際の審査では、年収よりも勤続年数が重視されます。そのため、年収の多寡は融資限度額に影響を与えますが、アルバイトといえども勤続年数が長ければ、審査には通りやすくなります。消費者金融側からみれば、これから先に安定して返済してくれるかどうかは、これまでの実績から推測するしかないので、勤続年数が長いほど審査に通りやすくなるのです。

 

学生が消費者金融でお金を借りようとする場合には、特に初めて消費者金融を利用する場合には、その借り方をよく理解しておかなければなりません。

 

そこには歴然としたルールがあります。即ち、金利と返済期日です。金利は、親や友達から借金する際にはないことが多いでしょうが、消費者金融などの金融機関から借金する際には必ずついて回ります。金利が存在するため、返済する場合には元金と利息を合わせた分を返済する必要があります。

 

例えば年利10%の場合は、10万円を借りてそのままにしておくと、1年後には1万円の利息が付いて、合計11万円のお金を返済することになります。

 

また、返済期日も守らなければなりません。契約の際、毎月何日までにいくらずつ返済するのかということが取り決められるので、その取り決めに従って返済することが大切です。

 

もしも返済期日を守れないようならば、最悪の場合、その後何年間も金融機関から融資を受けることができなくなりますし、滞納分の全額返済も要求される恐れがあります。

 

親に借金をお願いする場合には、金利などは要求されないでしょうけれども、その理由をはっきりと伝えることが大切です(親からのお金の借り方を参照)。そうでなれば心配をかけることになりますし、生活費が足りないのならば仕送りの増額を相談する方がまだ親を安心させます。運転免許の取得や留学など、一時的にまとまったお金が必要な場合は、その理由をはっきり伝えて借金をお願いするようにしましょう。

 

 

関連ページ