お金の借り方

すぐ借りれるお金の借り方

日々の生活においては、急に冠婚葬祭が入ってしまったり、急な飲み会のお誘いがあったりとすぐにお金が必要になることが起こってきます。

 

そのような状況ですぐ借りれるお金の借り方としては、まず親や兄弟などから借りる方法が考えられます。しかし、親族からお金を借りると、その後の関係がギクシャクしてしまうことが起こり得ます。

 

そのため、すぐにお金を借りれる方法としては、金融機関のカードローンを活用することが無難な選択肢となってきます。その中でも、すぐ借りれるお金の借り方としては即日融資とか即日キャッシングとか呼ばれるものがそれにあたります。

 

カードローンは銀行のほかに消費者金融でも取扱いがあります。

 

最初にカードローンに申し込むをする際には、まず金融機関の窓口や無人機の前で審査が行われることになります。カードローンの審査においては、現在の雇用環境や信用状況が調べられることになってきます。

 

しかし、今の金融機関の審査は、これまでのノウハウを持っていたり、独自のデータベースを活用することで、比較的短時間で審査が完了することができています。そのため、カードローンの審査が行われて、実際に借り入れができるようになる最短の時間は30分程度となっています。したがって、急な物入りの時でも、その日に専用のカードを作って必要な金額を借りることが可能となります。これは、すぐに借りれるお金の借り方の代表的な借り方といってもよいでしょう。

 

なお、カードローンにおいては毎月の限度額や支払い金利は、個人によって大きな差が生まれている特徴があります。

 

金融機関では返済能力の高い人に対しては支払い金利を低くし、限度額も大きくするようにしています。逆に非正規雇用者や主婦などの収入が安定していない人では、支払い利息が高めとなり、限度額も低く設定をしています。しかしながら、非正規雇用者や主婦などであっても、カードローンの毎月の限度額は20万円程度になっていることが多いため、冠婚葬祭といった資金を確保するには十分は限度額があると言えます。

 

一度、カードローンの申し込みをすれば、その後は限度額の範囲内で毎月借り入れができるようになってきます。

 

金融機関の多くではカードローンの借り入れや返済を、身近なコンビニのATMでもできるようにしています。コンビニのATMを使えば、24時間いつでも借り入れができる状況が生まれてきます。しかし、カードローンでは一般的なローンよりも、支払い金利が高くなっていることに注意をする必要があります。

 

パートやアルバイトをしている人では、金利が年率で2ケタになる場合も少なくないです。ですから、カードローンで借り入れを行った場合には、なるべく早く返済を行うことが重要となってきます。1日でも返済が早い方が支払う金利負担を減らすことができるからです。

 

カードローンの返済においてもコンビニのATMで行えるために、近い場所で返済することが可能です。このように少額のすぐ借りれるお金の借り方としては、カードローンの活用は非常に便利と言えます。しかし、カードローンは借りやすいがゆえに、借り過ぎてしまうリスクも存在してしまいます。

 

すぐ借りれるからといって無駄遣いはせず、カードローンを利用する際には、計画性を持った借り入れを心掛けたいところです。

 

 

関連ページ